いわゆるカフェ巡りの楽しみ方

いわゆるカフェ巡りは以前から行っていて、結構色々なところに行った気がします。今では、食べログなどで調べると、ここ良さそうだなというのが自然と出てくる位というのはウソで結局食べログで評価が高めのところを探していきます。

やっぱり、多くの人が良いというところには、それなりの理由があります。で行ってみるとやっぱり良かったというのが大体の結果なので、そういう実感を踏まえて、食べログの通りになっているのかもしれません。

でも、たまには、ハズレをあえて引くのもありかもしれません。
特定のお店をハズレというのは、良くないので控えますが、以前、コーヒーのおいしいお店に行ってみたら、やっぱり、評価が良いだけあって確かにおいしかったです。

ハンドドリップの方法もしっかりしていて、こだわりが感じられます。
コーヒーを出す前に必ずテイスティングするあたりもさすがプロという感じです。

その同じ日に別のカフェに行ってみたのですが、そこの人は、結構ウンチクを語るのが好きなようなのですが、どこか言い訳っぽい内容とも思える話し方なのですが、コーヒーもぬるくて正直おいしくありませんでした。

一応、人と人とのコミュニケーションなので、そこでまずいような事は言わずに、ごちそうさまでしたと言って出てきましたが、やっぱり評価の良いお店は、それにつながる何かがあり、反対に、あまり人気の無いお店は、それもまた何かしらの理由があるようです。

こういう違いを感じるのもまたカフェに行く楽しみなのですが、やっぱり、おいしくて満足できたら自ずとまた行きたくなるものだし、多少、コーヒーの価格が高いなと感じても、また飲みたくなるものですね。