日本の食品にあるスーパーフードとは?

スーパーフードを食べると、少ない量で併用を豊富に吸収することが出来るので、健康にとても良いと聞きます。

しかし、スーパーフードとして挙げられていた具体的な食品を見ると、カカオやココナッツオイルは辛うじて聞いたことがあるものの、アサイーだのゴジベリーだのマカだのと、全然知らない食品ばかりだったため、個人的には敷居の高いもののように感じました。

わざわざ通販で買わなければいけませんから。

ただ、詳しく調べてみると、どうも日本食品の中にも、スーパーフードはいくつかあるそうなんです。日本の食品なら、簡単に入手できますし、毎日の食事にも取り入れやすそうですよね。

では、一体どんな日本食が、スーパーフードに該当するのでしょうか?
参考にしたホームページでは、味噌、納豆、甘酒、緑茶の4種類が挙げられていました。どれも、身近な食品ですね。

個人的に意外だったのは、甘酒です。あんなに甘いジュースのような飲み物が、身体に良いなんて思っていなかったので。しかし、実際甘酒というのは、お米を発酵させた酒粕でできていて、糖質が普通の砂糖に比べて体に吸収されやすいようになっている関係上、良いエネルギー飲料になるのだとか。

一つ気になるのは、スーパーフードというのは、そのものの食材の形で何も加工をしてないのに少ない量でも十分な栄養を吸収することが出来る食材を示すと思っていたので、日本のこれらの加工食品もスーパーフードに該当するというのは意外でした。

でも、それが健康に良いのであればうまく取り入れていきたいという気持ちも有るので、疲れた時などに甘酒なども良いかもしれませんね。