トレチノインを使ってみたいけど…

美白化粧品の成分として、最近、日本でも知名度を上げているトレチノインが気になっています。しかし、美白化粧品によく使われている割に、トレチノインの使用中は、かなり肌に関する副作用に悩まされる事があるそうです。

具体的には、塗った部分の肌が真っ赤になり、痒みや痛みに襲われる、暫くするとボロボロと肌が剥け落ちるのだとか。これ、普通なら使用を止めるレベルの副作用ですよね。

しかし、トレチノインの場合は、こうした症状が起きるのが、ちゃんと効いている証拠でもあるそうです。それは、トレチノインは、肌のターンオーバーを促し、メラニンを分散させることで、シミを改善して美白効果をもたらしてくれるからです。

つまり、肌がボロボロと剥けるのは、肌のターンオーバーが促進されているからなんですね。逆に、トレチノインを使っているのに、肌が赤くならない場合は、使っている人にはとても楽ですが、その反面、その全然効いていないということみたいです。

そのため、肌の赤みなどの副作用が一切生じない場合は、トレチノインの濃度がもっと強いものに取り換えるべきとのことでした。ただ、自分に合ったトレチノイン濃度というのは、素人判断が難しいため、最初だけでも皮膚科に頼ることが推奨されるそうです。